男の革靴あれこれ

革靴を履こう!!

革靴(かわぐつ)は、動物の皮をなめして革とし、靴に成型したものである。

歴史的にはギリシア・ローマのサンダルをも革靴の範疇に含め、起源とする場合もある。しかしながら、一般には靴の起源は中世のゲルマン人が多用していたブーツに起源を求めることが多い(ブーツを参照のこと)。ブーツは保温性と耐水・耐塵性に優れており、沼地や森林を踏破するには適した履物である。しかしながらより沼沢の少ない地中海沿岸地方における歩行や、着脱には不便をきたした。このため、ブーツの踝(くるぶし)より上を切り落とした形の履物が考案され、現在の革靴(短靴)の原型となった。現在では、革靴と呼ばれるものの八割が、ビジネスシューズとして用いられている。

革靴の種類

フォーマルタイプ

オペラパンプス
夜間の礼装に用いられる革靴です。

ストレートチップ(キャップトゥ)
横一文字の縫い目が入った仕様。ビジネススタイルのほか、昼里領藾において使われる革靴です。

プレーントウ(プレーントー)
1枚の皮で作り接合部、縫い目などがないもの。ビジネススタイルにおいては非常にしばしば用いられる革靴です。

ウィングチップ
甲部分の飾りが翼状となっているもの。しばしばメダリオンが付される。

Uチップ(Yチップ、Vチップ)
U字形の革片(チップ)を甲の切り替え部分に使ったもの、またはU字型の縫い目を付け装飾的に用いているもの。同様に甲の切り替えにV字形の革片を使ったものをVチップと呼ぶ。

モンク・ストラップ
一枚の革を足の裏から上部へ向かって引き上げ、別の革で蓋をするように縫い付けたデザイン。

カジュアルタイプ

スリップ・オン(ローファーズ)
紐によらず甲革上部と踵(かかと)で装着するデザイン。構造的に踝(くるぶし)を守ることは不可能であり、開口部は大きくなる。

モカシン
一枚の革を足の裏から上部へ向かって引き上げ、別の革で蓋をするように縫い付けたデザイン。アメリカ原住民の着用していた靴がこのデザインであったといわれている。構造上中底は存在しない。

サドル・シューズ(サドル・オックスフォード)

デッキ・シューズ

レザースニーカー

革靴ブランド

有名なので言えば
イタリアのチャーチ
サルヴァトーレ・フェラガモ
アメリカのリーガルなど
リンクではいろいろなメーカーの革靴を紹介しています。

Let’s Go!

革靴の選び方

革靴の選び方仕事なのか、フォーマルなのかでモデルは変わってきます。

外回りが多い方
 靴底の減りに強いゴム底をおすすめします。
 また雨にも強いモデルも必要です。
 
室内・デスクワーク
 おしゃれなモデルでも、貴賓漂うモデルでもなんでも
 いいと思います。ご自分の好きなので良いでしょう。
 また良く脱ぐ方は、紐無しのローファータイプだと
 すぐ脱げます。

結婚式・葬祭
 シンプルなのが一番いいと思います。
 人数が多い会場での脱ぎ履きがあるのなら
 できれば、ローファータイプがいいと思います。

色の選び方

黒色

堅実さと、安心感の印象をつけます。
冠婚葬祭や仕事でもなんにでもこなせます。

明るい茶色

活動的な雰囲気を漂わせます。
冠婚葬祭などには不向きです。

濃い茶色

黒とイメージ的には変わりませんが
上司が履いているとなんかかっこよく見えます。
年上の感じですね。

革靴のお手入れ

クリックでサイトに飛びます。

シューズメーカー (ブーツ編)

レッドウィング (RED WING)

いつの時代もブーツと言えば『レッドウィング』ですね。

ドクター・マーチン (Dr.Marten)

ドクター・マーチン (Dr.Marten)丈夫で履きこなしもできるのは『マーチン』です。

Copyright ©2006 GENKI,Inc. All Rights Riserved edit